この目はやがて、光を失うだろう。




「怖くはないんですか?」

神と向き合い
十字架を彫ることを心の糧とし


花を愛でて、生きていく。







光の雨T



「私には神が見えている。それだけでいい。」




これは、ヨーロッパの修道院で出会った、
ある少年の物語だ。


【→】